歌詞

花嫁

犬神サーカス団

作詞
犬神明
作曲
犬神明

ありふれた言葉では いい果てぬこの想い

張り裂けそうに 熱く高なる胸

私だけに微笑んだ面影が忘れられず

いつもあなたの後をつけていた


もしもあなたが死んだなら

私も死ぬわ

火葬場の炎の中で

二人 灰になりましょう… 嗚呼。


寂しくて 切なくて 生きるのが辛い夜は

闇の中に潜んで あなたを見てるわ


いつの日かふり向いてくれる事 信じている

いじらしい この視線に 早く気づいて


いずれ私が死ぬときは

あなたも道づれ

白い小さな骨壺に

二人で入りましょう… 嗚呼。


寂しくて 切なくて 生きるのが辛い夜は

闇の中に潜んで あなたを見ているわ


人を愛する喜びを知りました

そう それだけが生甲斐なんです

あなたはいつか私の存在に気づくでしょう

その時まで何年でも私は待っています


もしもあなたが死んだなら

私も死ぬわ

火葬場の炎の中で

二人 灰になりましょう… 嗚呼。


寂しくて 切なくて 生きるのが辛い夜は

闇の中に潜んで あなたを見てるわ

提供: うたまっぷ