歌詞

燃えている光(Featuring TAKE from Skoop On somebody)

Tama

作詞
Tama
作曲
Tama

燃えている光と

遠く続いてるレール

海の底から見た

水面の様に

変えられないのなら

それはそれでいい


なぜか僕はときめいたままで


そんな悲しみも

あふれそうな想いも

強すぎる日ざしも

連れて 揺れて

風に吹かれても

君が消えない様に

君を消さない様に

揺れて


僕を照らす夕日が

影をずっと延ばして

全て飲みこもうと

色を奪っていく

その中で見た誰か

少し笑って見えた


それは僕を焼きつけて残して


何か淡い記憶も

眠らせた想いも

迷わせる暗闇も

連れて 揺れて

冷たい雨に濡れても

君が消えない様に

君を消さない様に

揺れて


そんな悲しみも

あふれそうな想いも

強すぎる日ざしも

連れて 揺れて

風に吹かれても

君が消えない様に

君を消さない様に

揺れて

提供: うたまっぷ