歌詞

残されたもの

松任谷由実

作詞
松任谷由実
作曲
松任谷由実

荒野かけぬける 風の音を聞いて

冬の訪れをじっと感じていた


とばりはゆっくりと

山のすそまで降りて


またひとりだけの時が始まった

またひとりだけの時が始まった


明日目覚めたら 枝の病葉さえ

きっと銀箔の空を旅してゆく


最後に残された

何かが解かれるように


もう捨てるものは何もなくなる

またひとりだけの時が始まった

提供: うたまっぷ