歌詞

グラデュエイション

高橋瞳

作詞
TAKUYA
作曲
TAKUYA

深く息を吸って 登る坂道を

自転車で空を目指す

揺れる街と並木達 ちょうちょの髪

暖かな春の日差し


出会い 別れ泣いて 君と笑って知った

変わらない自分のこと

今日もあたり前のように飛び出した

胸騒ぎ夏の日差し


そして もっと もっと もっと もっと 輝くから

明日も明後日だってずっと光ってる


あの日 君がくれた言葉 うれしい花びらが咲いてた

たとえ どんなつらい時も 青空の下に咲いてる

明日 君に繋ぐ言葉 照れながら今考えてる

追い風に加速しながら 未来へ心上昇してる ほら


深く色付いた 紅色の秋に

想い焦がして泣いた夕焼け

君とあたりまえのように長電話して

白い雪の上を歩く


そして もっと もっと もっと もっと 輝くから

怖く無いよだって 凄く光ってる


あの日 君がくれた言葉 うれしい花びらが咲いてた

たとえ どんなつらい時も 強くこの胸に咲いてる

明日 生まれてくる未来 不安だけど でも 信じてる

めくるめく 季節の中で 未だ見ない空目指してく旅


あの日 君がくれた言葉 うれしい花びらが咲いてた

たとえ どんなつらい時も 青空の下に咲いてる

明日 君に繋ぐ言葉 照れながら今考えてる

追い風に加速しながら 未来へ心上昇してく ほら

提供: うたまっぷ