歌詞

メーデー

BUMP OF CHICKEN

作詞
藤原基央
作曲
藤原基央

君に嫌われた君の 沈黙が聴こえた

君の目の前に居るのに 遠くから聴こえた


発信源を探したら 辿り着いた水溜まり

これが人の心なら 深さなど解らない


呼ばれたのが 僕でも僕じゃないとしても

どうでもいい事だろう 問題は別にあるんだ


息は持つだろうか 深い心の底まで

君が沈めた君を 見つけるまで潜るつもりさ

苦しさと比例して 僕らは近付ける

再び呼吸をする時は 君と一緒に


僕もまた同じ様に 沈黙を聴かれた

君もまた同じ様に 飛び込んでくれるなら


口付けを預け合おう 無くさずに持っていこう

君に嫌われた君へ 代わりに届けるよ


誰もが違う生き物 他人同士だから

寂しさを知った時は 温もりに気付けるんだ


勇気はあるだろうか 一度心覗いたら

君が隠した痛み ひとつ残らず知ってしまうよ

傷付ける代わりに 同じだけ傷付こう

分かち合えるもんじゃないのなら 二倍あればいい


怖いのさ 僕も君も

自分を見るのも見せるのも 或いは誰かを覗くのも

でも 精一杯送っていた 沈めた自分から

祈る様なメーデー


響く救難信号 深い心の片隅

こんなところにいたの 側においで 逃げなくていいよ

触れた発信源に 届けるよ 口付け

君から預かってきたんだよ


勇気はあるだろうか 一度手を繋いだら

離さないまま外まで 連れていくよ 信じていいよ

息は持つだろうか 眩しい心の外まで

再び呼吸をする時は 君と一緒に

提供: うたまっぷ