歌詞

きっとしあわせ

塩野雅子

作詞
しゅうさえこ
作曲
杉本真人

あれは およめさんに なった日のこと

たくさんの 花に かこまれて

足が 宙に 浮きあがるほど

思いきり しあわせ かんじました

あれから 何年 たったでしょうか

いそがしさに 追いたてられて

いつのまにか 過ぎてゆく日々

しあわせ どこに おいてきたの・・・・・・

きっと しあわせ いつかわかるもの

ずっと しあわせ おいかけて いよう

きっと しあわせ そんな 気がするの

ずっと しあわせ みつめて いたいの


あれは おかあさんに なった日のこと

たくさんの 愛に つつまれて

あふれる 涙が とまらないほど

ふしぎな よろこび かんじました

あれから 何年 たったでしょうか

いそがしさに 追いたてられて

いつのまにか 過ぎてゆく日々

よろこび どこに おいてきたの・・・・・・

きっと しあわせ 今を 生きること

ずっと しあわせ 信じて いよう

きっと しあわせ そんな 気がするの

ずっと しあわせ みつめて いたいの

きっと しあわせ いつか わかるもの

ずっと しあわせ おいかけて いよう

きっと しあわせ そんな 気がするの

ずっと しあわせ みつめて いたいの

提供: うたまっぷ