歌詞

願いのとき

高橋美佳子

作詞
三重野瞳
作曲
富樫則彦

守るのは心の奥に降りそそぐ 祈りの言葉

伝えるのは変わらずある 気高き未来


昨日より優しくなれば 幾千の強さ味方に

生きていける願い届く その日を待って


時を刻む針に呼ばれて響きだす・・・


あれはあれは 永遠の声

よせてかえす 波音のように

繋ぎ紡ぐ 確かな想い

決して消えぬ名残り


澄んだ瞳に写しとるのは 大切なものばかりでしょう

浅き夢に迷わないで ただ真直ぐに


やがては悲しみも眠りに落ちるから


いつかいつか 叶うのならば

胸を叩く あまたの月日

すべて捧げ 微笑みかける

何も恐れないと


ひとつふたつ 信じるものを

重ね重ね こぼさぬように

抱いて明日を 受けとめたなら

少し分かるはずよ


めぐるめぐる 永遠の声

よせてかえす 波音のように

繋ぎ紡ぐ 確かな想い

決して消えぬ名残り

めぐる願いひとつ・・・

提供: うたまっぷ