歌詞

a tear's waltz

山根康広

作詞
山根康広
作曲
山根康広

覚えてるかい この坂道で出逢った日を

highschoolへと続くこの道 桜が舞っていた

遅刻しては授業をさぼった僕に君は

怒りながらもnotebook

差し出してくれた

たった一夜の君とのdance

突然決まった転校に

「そばにいて」と泣き続ける

君を抱きしめた


帰り道によく通ったcoffee stand

テーブルをはさんで君とふざけあった日々

あの店も今は高層ビルに変わっているけど

僕の胸に色褪せず焼きついている

たった一夜の君とのdance

踊り続けたあの夜

「またきっと会えるよ」と

口づけ交わした


たった一夜の君とのdance

踊り続けたあの夜

またきっと会える事

いまも願っている

たった一夜の君とのdance

踊り続けたあの夜

またきっと会える事

星に願っている

提供: うたまっぷ