歌詞

分岐点

吉岡秀隆

作詞
吉岡秀隆
作曲
吉岡秀隆

ひかれたレールの上を歩く君は

明日をも見えないこの僕を笑うだろうか

自由という名の孤独の中で満たされぬ心ひきずってなお

夢を追うことはそんなにバカげてるか

見知らぬ誰かに指をさされても

ため息の中で僕が暮らしてることも

すべては人の心にあやつられてる現実

越えなければ傷だらけの魂でも

生まれた意味はきっとそこにあると思って


太陽の光に目を奪われるより

今は明日を待つ月灯りにくるまっていたい

日常という名の偽りがほら、僕を僕でなくさせている

誰かのせいにするのはもうやめよう

頭を下げても心は売らない

信じた人にたとえ裏切られても

生きていることだけが最後の砦

分岐点に立ち選ぶのは僕自身

越えなければ傷だらけの魂でも


越えなければ傷だらけの魂でも

生れた意味はきっとそこにあると思って


分岐点に立ち選ぶのは僕自身

提供: うたまっぷ