歌詞

遠くで汽笛を聞きながら

谷村新司

作詞
谷村新司
作曲
堀内孝雄

悩みつづけた日々が

まるで嘘のように

忘れられる時が

来るまで心を閉じたまま

暮らしてゆこう

遠くで汽笛を聞きながら

何もいいことがなかったこの街で


俺を見捨てた女を

恨んで生きるより

幼い心に秘めた

むなしい涙の捨て場所を

さがしてみたい

遠くで汽笛を聞きながら

何もいいことがなかったこの街で


せめて一夜の夢と

泣いて泣き明かして

自分の言葉に嘘は

つくまい人を裏切るまい

生きてゆきたい

遠くで汽笛を聞きながら

何もいいことがなかったこの街で

提供: うたまっぷ