歌詞

さかさまワールド

GOING UNDER GROUND

作詞
松本素生
作曲
松本素生

例えるなら壊れた宇宙船 僕らそこに暮らしてる住人

ありもしない架空の世界を探して旅してる

誰も彼もが笑ったよ 向こう見ずに旅立つ若者を

行き場のない悲しみ抱えて それでも旅してる


あぁ故郷には春が… ねぇ 君に僕が見える?


しゃがみ込んで泣いてたって 変わらない景色だった

同じ夜を過ごしても 一人ぼっちで歩いてく

今見てる世界が 全部ウソだっていいさ

その羽をくれないか? ニセモノでもいいから

今日が昨日を超える事がきっとなくても

僕らは待っている


帰り方をなくした宇宙船 戻らないよ時間は今更

夢じゃないよ 全てはここから始まる

「きっと僕らはずっと友達」なんて言葉にすればウソだし

宝物の笑顔も キズナも いつかは風になる


ねぇ だから今夜だけは そう心見せてるんだぜ


傷だらけの世界は 僕ら生きて来た証明

違う夜も過ごしても 胸の奥でつながる

今見てる世界が全部ウソだっていいさ

僕らには消しゴムでも消せない名前がある

想像以上に歪みながら それでも僕らは

明日を待っている


あぁ 故郷には朝が…

あぁ 君は元気ですか?

あぁ いつか君が好きだった

あぁ あの歌ならさ 今でもずっと歌ってるよ


いびつなままでいいよ 汚れてしまっていいよ

どんな夜をすごしても 変わらない場所があるよ

今見てる世界が 全部ウソだっていいさ

僕らには 消えない名前がある


ハジマル… 終わりはしないぜ

提供: うたまっぷ