歌詞

Butterfly

GRASS ARCADE

作詞
早灘圭志/上峰芹
作曲
GRASS ARCADE

何気なく空を見上げ 光浴びてみる

増えてゆく ため息またひとつ


それでもまた陽は巡り 僕の旅は続いてゆく

吹き抜ける夏の風を 背中に感じたなら


火花散らして 飛んでゆける 虹の彼方へ

そう その翼で 越えてゆける この濁流も

ラララ・・・ その闇の果てに花園を

ラララ・・・ 夢から夢へ Butterfly


歩きながら考えるはずが 何も変わらなくて

君が僕を支えてたって気づいたんだ


モノクロームの写真が 日増しにまぶしくなってゆく

きっと 明日が無くなっても 僕は頼りなく飛び続ける


心ゆらして 飛んでゆける雲をかすめて

眼下を滑るは 波を飾る海鳥の群れ

ラララ・・・ 荒れたくちびるに 花束を

ラララ・・・ 弧を描いてゆく Butterfly


いつだって大事なものは 時間差で迫ってくるけど

声枯らしても 歌いたい歌がある


風を切って さあ飛んでゆこう 遙か彼方へ

やがて名もなき未来に 一筋の道が出来るだろう

ラララ・・・ 窓を開ければ何が見える

ラララ・・・ 君の優しさに手を振って 飛んでゆける Butterfly

提供: うたまっぷ