歌詞

赤が沈む

秦基博

作詞
秦基博
作曲
秦基博

僕の中の闇は 歪んだ口元に滲んでしまっている

焦げ付いたような匂いで 仮面の裏側から顔色うかがう


暗い...光などありはしないの

cry...油彩の太陽がグラつく


狂った様に赤が沈む 追いかけても 追いかけても

僕はただ願っている 燃えるような空よ

何も残さず 焼き尽くしてよ


僕が持ってないもの それを誰も彼も持ち合わせている

彼女を知ったせいさ ジュンスイとソウゾウを失くしてしまったのは


不快...汚い言葉淀んでいる

深い...底なし沼に溺れていく


泣いた様に僕は笑う 何か言いかけても 言いかけても

すべてが嘘のようで 口を噤むんだ

それなのに また明日を待っている


狂った様に赤が沈む 追いかけても 追いかけても

僕はまた 歪(ひず)んでるんだ

泣いた様に僕は笑う 何か言いかけても 言いかけても

そして ただ願っている 燃えるような空よ

僕も残さず 焼き尽くしてよ

提供: うたまっぷ