歌詞

白夜のひまわり<Short Version>

流山詩紋(宮田幸季)

作詞
田久保真見
作曲
和泉一弥

瞳を閉じながらいつも何かを捜すんだ

本当に大切なものは見えないから

記憶の森を抜けふるえてる星の下に

迷子になりそうな真実がいたんだ


風の扉をたたくのは誰?

そこには何もないのに

蜃気楼(まぼろし)よりも

自分の夢を信じて


白夜のひまわりみたいに真っ直ぐ背中をのばして

あなたは光に包まれ生きてゆくんだよね

笑いたい時に笑って

泣きたくなったら泣くんだ

何も飾らない強さが欲しいよ


白夜のひまわりみたいにうつむくことなど忘れて

あなたは遙かな明日を見つけてるんだよね

いつも前向きな強さと

少し泣き虫の弱さと

全部受け止める勇気が欲しいよ Promise,Someday

提供: うたまっぷ