歌詞

忘却雨(わすれあめ)

堀内孝雄

作詞
荒木とよひさ
作曲
堀内孝雄

涙が降らした 淋しい驟雨(あめ)は

男も女も 寒いから

心の楚火に 想い出くべて

恋しい誰かを 抱きしめる


もう一度逢いたいよ あの人に

不幸を背負って 生きてたら

この街に降り続け あしたまで

この世の果てまで 忘却雨(わすれあめ)


ひとりで飲む酒 傷追う胸に

涙を相手に つぎたせば

煙草の灯りが 蛍になって

帰らぬ昔を また映す


もう一度抱きたいよ あの人を

何処かで 倖せ掴んだら

夢だけは濡らすなよ あしたまで

涙の果てまで 忘却雨(わすれあめ)


もう一度逢いたいよ あの人に

不幸を背負って 生きてたら

この街に降り続け あしたまで

この世の果てまで 忘却雨(わすれあめ)

提供: うたまっぷ