歌詞

夏のしずく

大山百合香

作詞
山本成美
作曲
朝本浩文

入道雲が白く浮かんで

僕らを追い越してく

君は不意に黙って空を見てた


なんだかちょっと不安になって

君の視線を探す

あのとき君はもう

決めていたんだね


ずっとそばにいられると思っていた

季節(とき)が変わっても

だけどどんなに離れていても

気持ちはきっとつながっているよ


周りの声に振り回されて

人は見失ってく

たったひとつしかない自分の羽根を


誰かが君に冷たくしても

心を閉ざさないで

君を思う人がそうここにいるよ


ずっと君が君らしくなれる場所で

いつも笑っていて

もしも君が苦しいときには

会いに行くよ

この時空(そら)を越えて


零れおちた遠い遠い夏のしずく

風がそっと未来へ運んで行く


ずっとそばにいられると思っていた

季節(とき)が変わっても

だけどどんなに離れていても

僕らはきっと独りじゃない


ずっと君が君らしくなれる場所で

いつも笑っていて

もしも君が苦しいときには

会いに行くよ

この時空(そら)を越えて

提供: うたまっぷ