歌詞

カーニヴァルだったね

中島みゆき

作詞
中島みゆき
作曲
中島みゆき

気がつけばしたたかに飲んだくれ 祭りの街で

道のほとりに身をさらばえて 歌う宵宮の歌

見渡せばいつの間に 道を知る友とはぐれて

酒の鏡に夜を映して 探す北斗七星

注がれる酒に毒でもあれば今ごろ消えているものを

何故ここにいるのだろう

カーニヴァルだったね


気がつけばしたたかに飲んだくれ 痛む頭を

赤子のように撫ぜられている 何を話したのだろう

身の上を知ればこそ明かせない悲しみもある

通りすがりの人なればこそ言える罪状もある

愚かな望み 愚かな暮らし 愚かな悔いの繰返し

罪さえも抱きしめて

カーニヴァルだったね


注がれる酒に毒でもあれば今ごろ消えているものを

何故ここにいるのだろう

カーニヴァルだったね

提供: うたまっぷ