歌詞

バス通り

中島みゆき

作詞
中島みゆき
作曲
中島みゆき

昔の女を だれかと噂するのなら

辺りの景色に気をつけてからするものよ

まさかすぐ後ろの ウィンドウのかげで

いま言われている私が

涙を流して すわっていることなんて

あなたは 夢にも思っていないみたいね


バスは雨で遅れてる

店は歌が 止まってる

ふっと聞こえる 口ぐせも

変わらないみたいね それがつらいわ


時計をさがして あなたが店をのぞくまで

私は無理して 笑顔になろうとしてる


古びた時計は 今でも 昔のように

あなたを待ちわびて 十時の歌を歌いだす

小指をすべらせて ウィンドウをたたく

ねえ 一年半遅刻よ

あの日はふたりの時計が違ってたのよね

あなたはほんとは待っていてくれたのよね


バスは雨で遅れてる

店は歌が流れだす

雨を片手でよけながら

二人ひとつの上着 かけだしてゆく


ため息みたいな 時計の歌を 聴きながら

私は ガラスの指輪をしずかに落とす

提供: うたまっぷ