歌詞

ゆらめく景色

南こうせつ

作詞
下田逸郎
作曲
南こうせつ

あなたの指が触れたのは

私の身体のスミッコで

心がほのかに揺れたけど

まだまだ遠くて届かない


それならそれで身体だけ

愛してくれてもいいけれど

ロマンチックなあなたには

できそでできない夜明け前


可愛くなるよね 30すぎて

男は子供の真似して遊ぶ

私は私 窓あけて

背伸びした時 泣けてきた


ときめく胸のその奥で

私はひとりで立ちつくす

ふるえる身体のその意味を

まだまだ あなたは わからない


それなら それで 心だけ

愛してくれてもいいけれど

友だちだなんて言われたら

捨てられたみたい昼下り


哀しくなるよね 見抜いたあとで

女は女のふりして悩む

あなたは あなた 夢だけを

追いかけつづけて 流れてく


やさしくなるよね 離れてみえる

女と男の景色が揺れて

ひとつに溶ける その時を

遙かに私 さがしてる

提供: うたまっぷ