歌詞

ぼくの気分はいつもラララ

南こうせつ

作詞
南育代
作曲
南こうせつ

今日もまたいのこりさ

先生が「出来るまで帰っちゃダメ」と言うんだ

テストの紙が配られた時

僕は夕べ見た夢のこと 考えてた


つばさのある船に乗って空を飛んだ

おじいちゃんも おばあちゃんも みんな いっしょにさ

僕みたいな子供になって

星がすぐ近くで輝いてた

気がつくとベルが鳴って授業が終わってた

だから 何も書かないで 出しちゃった


おかしいね 僕が最高の気分でいる時

いつも いつも いつも 叱られんだもの


朝ごはん食べてたら

ママが早く学校に行きなさいと言うんだ

遅れるわよ と怒るんだけど

何でそんなに急がなきゃ いけないんだろう


ママの作ったオムレツ ふわふわ とっても あったかい

すごくきれいな まっき きいろで おいしいよ

指でさわって ゆっくり 食べてた

学校がきらいなわけじゃないけど

朝つゆを踏みながら 学校へ行く時

食べかけの オムレツのこと 思ってたよ


おかしいね 僕が最高の気分でいる時

いつも いつも いつも 叱られんだもの


お昼から海へ行った

パパが何度も 何度も 「さあ泳ごう」と言うんだ

「早く泳ごう」と誘うんだけど

少しだけ 待っててくれても いいのにね

ラララ・・・・

ラララ・・・・

おかしいね 僕が最高の気分でいる時

いつも いつも いつも 叱られんだもの

ラララ・・・・

ラララ・・・・

提供: うたまっぷ