歌詞

翔びそこねていた君へ

南こうせつ

作詞
南いくよ
作曲
南こうせつ

いつか僕は 孤独にも慣れて

ひとりきりを 楽しんでいる

何もない暮らしでは 都会と違って

やさしくなれるようだよ

風が 聞こえる


強い者が 勝ち残るなんて

どこの誰が 教えたのだろう

戦うことじゃなくて 助け合うことで

虫たちも生きている

風が 冷たい


僕はここで 夕陽をながめて

君のことを 思い出してる

人の渦(うず)に埋もれて 翔(と)びそこねていた

君はいい奴だったよ

夕陽が 沈む

提供: うたまっぷ