歌詞

風もない週末

中村雅俊

作詞
夏目純
作曲
荒木真樹彦

夜明け前 髪の匂い 揺れる気配

まぼろし 捜した ひとりのシーツ

あの冬に 届くものは 何もなくて

虚しい自分に 寝返り打った

愛じゃないと 誰に言えるだろう

あなたが 僕を わかりすぎた別れ

忘れられない女に変わる

誰より 美しいまま

許しながら 何を憎んでゆくの?

もう 抱けない 小さなからだ

遠くで 震わせながら

いつも 僕を愛してた

それが 結べない糸でも


「果たせない約束でも 嬉しかった…」

気遣う言葉に 願いがあった

ミルクばかり入れたコーヒーや

些細なことで 悩み過ぎる背中

忘れられない女に変わる

面影 追いかけながら

永く 生き続けて 憶えていたい

言い訳だと わかって言うよ

もいちど 生まれる命

そこで 巡りあえたら

二度と さよならは言わない


恋の悲しみ 歌ったLOVE SONG

いつの時代も 消えないように

忘れられない 女に変わる

あなたを 追いかけながら

永く 生き続けて 憶えていたい

もう 抱けない 小さなからだ

ひとりで 震わせないで

僕は ずっと愛してる

胸に燃え尽きない刻印(きおく)

提供: うたまっぷ