歌詞

極光(オーロラ)

さだまさし

作詞
さだまさし
作曲
さだまさし

いきなり私の眼の前に座ったあなた

自分はせっかちだからと言い訳し乍ら

前から君が好きでしたと突然告白したあと

私のコーヒーを一気に呑み干した

そのあとの強引さときたら人の返事も

きかずにすっかり一人で盛りあがり

山岳部に来なさい 山はいいから 本当にいいからと

知らないうちに 丸め込まれてた

自然はとても大きいって それが得意のフレーズ

人間が狭い輪っかの中で傷つけあうのを 静かに観てる

大空 広い大空 いつかカメラマンになって

こいつに近づくと 目を輝かせてた

あなたを愛して気づいた どんどん先に歩いて

行ってしまうあなたを 追いかけるのは大変だわ


おい結婚するぞ そしてアメリカへゆくぞと

いっぺんにふたつ びっくりをつきつけて

それから 俺仕事やめたぞ カメラマンになるんだと

腰が抜けなかったのが奇跡だわ

そのあとのあなたは夢の通りに歩いて

とうとう本物のカメラマンになった

グランド・キャニオンも死の谷も みんな友達にして

知らないうちに 丸め込んでいた

自然はやはりすてきだ だけど不安がひとつ

もっと大きなものが撮りたくなって

俺はどこまで 行けばいいのか

オーロラ それはオーロラ 地球も夢を見るんだ

こいつがそうだと 目を輝かせてた

あなたを愛して気づいた どんどん先に歩いて

行ってしまうあなたを 追いかけるのは大変だわ


アラスカで あなたが突然空気になったと

そんな事 信じられると思う

飛行機のプロペラが廻っているのに気づかない程

オーロラに夢中だったのね

あなたの残したものは 世にも美しい

地球が夢を見ている写真と それからこの私と

オーロラ それはオーロラ なんてせっかちなあなた

オーロラに愛されて オーロラになってしまった

あなたを愛して気づいた どんどん先に歩いて

行ってしまうあなたを 追いかけるのは大変だわ

提供: うたまっぷ