歌詞

セロ弾きのゴーシュ

さだまさし

作詞
さだまさし
作曲
さだまさし

Celloには オン・ザ・ロックが似合うと

飲めもしないで 用意だけさせて

ひとつ覚えの サン=サーンス

危な気な指遣い そしてボウイング

まるで子供の様に 汗までかいて

悲しすぎる程 優しい人

私はいつでも 涙うかべて

楽し気なあなたを 見つめるだけで

倖せだった


陽気な あなたの事だもの

今頃きっと雲の上で

誰かを無理矢理 誘って

「白鳥」を聴かせているかしら

飲み手のいないウィスキー 今夜も用意だけして

私のお相手は ガルザスとティボー

私はいつでも 涙うかべて

想い出だけ聴いて 明日は晴れると

笑うふり


明日 もしも晴れたら

オン・ザ・ロック用のお酒がきれたので

市場へ行こうと思うの

ねェ 想い出も売ってるといいのに

もっともっと たくさん想い出が欲しかった

もう一度あなたに 会う迄の糧に

私はいつでも 涙うかべて

あなたの残した 大事なCelloを

一人で守る

提供: うたまっぷ