歌詞

前夜(桃花鳥(ニッポニア・ニッポン))

さだまさし

作詞
さだまさし
作曲
さだまさし

桃花鳥(とき)が七羽に減ってしまったと新聞の片隅に

写りの良くない写真を添えた記事がある

ニッポニア・ニッポンという名の美しい鳥がたぶん

僕等の生きてるうちにこの世から姿を消してゆく

わかってる そんな事は たぶん

小さな出来事 それより

君にはむしろ明日の僕達の献立の事が気がかり

I'm all right I'm all right

それに僕は君を愛してる それさえ間違わなければ


今若者はみんなAMERICAそれも西海岸に

憧れていると雑誌のグラビアが笑う

そういえば友達はみんなAMERICA人となってゆく

いつかこの国は無くなるんじゃないかと問えば君は笑う

馬鹿だね そんな風に 自然に

変わってく姿こそ それこそ

この国なのよ さもなきゃ

初めからニッポンなんてなかったのよ

I'm all right I'm all right

そうだねいやな事すべて切り捨てて

こんな便利な世の中になったし


どこかの国で戦さが起きたとTVのNEWSが言う

子供が実写フィルムを見て歓声をあげてる

皆他人事みたいな顔で人が死ぬ場面を見てる

怖いねと振り返れば番組はもう笑いに変わってた

わかってる そんな事は たぶん

小さな出来事 それより

僕等はむしろこの狭い部屋の平和で手一杯だもの

I'm all right I'm all right

そうともそれだけで十分に僕等は忙し過ぎる


桃花鳥が七羽に減ってしまったと

新聞の片隅に……

提供: うたまっぷ