歌詞

越前恋歌

服部浩子

作詞
秋浩二
作曲
伊藤雪彦

哀しい恋の歳月(としつき)を

知ってるように海風に

抱かれて眠る

波も麗(うらら)な若峡の湾(うみ)よ

あなたを捜し浜辺を歩(ゆ)けば

帰らぬ恋に砂が鳴く

いくら呼んでもわたしの愛は

あなたの胸には届かない

辛い別れを恋歌(うた)で紛らして

続くの続くのわたしの旅は


いつかは終わる恋だとは

わかっていたの最初(はじめ)から

それでもわたし

辿(たど)りたかったあなたの辺(ほとり)

はぐれた海鳥(とり)がぐるぐる回り

沖ゆく船は日本海

肩を冷たく突き刺す雨が

想い出濡らして過ぎてゆく

愛を信じてひとりゆく旅は

続くの続くの越前岬


あなたを捜し浜辺を歩(ゆ)けば

帰らぬ恋に砂が鳴く

いくら呼んでもわたしの愛は

あなたの胸には届かない

辛い別れを恋歌(うた)で紛らして

続くの続くのわたしの旅は

提供: うたまっぷ