歌詞

逆光

キリト

作詞
Kirito
作曲
Kirito

静寂に沈む無数の光は

この手から消えた温もりのように

小さく輝き闇にのまれていく

感触を肌に残したままで


締めつける胸が痛むそのたびに

絞り出すように言葉を綴った


この世界から君が消えた朝 逆光に僕が何を見たのかを


声をあげて 泣き叫んで 憎しみで全て汚して

もう触れられないのなら 跡形もなく破壊して

夢を砕く 君を砕く そしてこの身を砕け散る

突き刺さる光 僕はどこで眠るのだろう

提供: うたまっぷ