歌詞

朝からごきげん

浜田省吾

作詞
浜田省吾
作曲
浜田省吾

白いベッドに残る甘いお前の香り

水色の風が窓の花散らすと

秋はもう すぐそこまでなんです

だから髪をほどくんだよね


粋な昔の唄 鏡に映しながら

亜麻色の瞳 何か言いたそうだな

窓の外は強い陽ざし

陽炎に都会は溶けてしまうよ


もう何も想わずに 何も言わないで

ただそっと見ていたい ただそれだけさ


誰かが塀の向こうで いかれた歌 うたうよ

「おれ達で終りの世代さ あきらめるな!」

穏やかな黄昏が舞い降りて

夕立 僕は待っている

提供: うたまっぷ