歌詞

花火

浜田省吾

作詞
浜田省吾
作曲
浜田省吾

娘はもう二十歳 恋人もいる年頃

下の子はサッカー好きの男の子で 次の春には高校

あの日 すぐに帰るつもりで車を車庫から出して

アクセル踏み込んだ

すぐに帰るつもりで家を出て

もう5度目の夏の夜空に花火


暮らしには困らぬように稼ぎはすべて送った

今でも部屋には幼いままの子供達の写真

何故か すぐに帰るつもりで車を車庫から出して

アクセル踏み込んだ

すぐに帰るつもりで家を出て

もう5度目の夏の夜空に花火


これがオレの物語

君の心 失っても 隠せない


二人 河のほとりを歩く 人波に押されて

はぐれないように強く指と指からませて

見上げれば 涙で滲んだ夏の夜空に花火

夏の夜空に花火

提供: うたまっぷ