歌詞

あやとり

ムック

作詞
ミヤ
作曲
ミヤ

君としたあやとりの糸が切れたままの部屋で 僕は泣いている

この部屋の角の柱に 君と彫った互いの名前

その傘の中の君と僕も 独りの僕を見て泣いてた

あまりにもうすい日捲りの紙を 僕はまた一枚捲る

一枚の紙キレが言った僕の偽り言すべて

僕は狂いそうになり壁に頭を打ち続けた

紙キレに並ぶ単語達が 僕の心を惑わせる

犯されながら言葉達と 僕は明日とは呼べない自分の朝を迎える

一枚の紙キレが言った僕の偽り言すべて

僕は狂いそうになり 壁に頭を打ち続けた

紙キレに並ぶ単語達が 僕の心を惑わせる

犯されながら言葉達と 僕は明日とは呼べない自分の朝を迎える

あの頃に戻りたい あの頃に戻りたい

あの頃に戻れない あの頃に戻れたら

あの頃のふたりに・・・

提供: うたまっぷ