歌詞

ナツノハナ

JUJU

作詞
MIYUKI HASHIMOTO
作曲
NAOHISA TANIGUCHI

君が居ないと うまく笑えない

いつからか私は

無防備なほどに

惹かれていたから こんなに


ありふれた街で

かけがえのない思いを

大切にして 生きていけたなら

もう何にも 望まないのに


あの空に咲いた夏の花

風に舞いながら落ちてく

君と見てた ふたりで夢見てた

瞬間が 永遠だった

限りあるこの時の中で

限りなく君だけを愛しても

もう見えない 夜空に 降り注ぐ輝き

あの日々が たとえようもなく

愛しくて


君が居ないと 傷つきもしない

あれからの私は

泣くことも出来ず

過ぎて行くだけで すべてが


この手の中には

そばにいた温もりだけ

強がっていた 私の心の

何もかもを 変えていたのに


あの空に散った夏の花

鮮やかに拡がる夢が

胸に落ちて ふたりを包んでた

瞬間が 永遠だった

限りあるこの時の中で

限りなく君だけを愛しても

もう見れない 夜空に 降り注ぐ輝き

あの笑顔 たとえようもなく

愛しくて


あの空に咲いた夏の花

風に舞いながら落ちてく

君と見てた ふたりで夢見てた

瞬間が 永遠だった

限りあるこの時の中で

限りなく君だけを愛しても

もう見えない 夜空に 降り注ぐ輝き

あの日々が たとえようもなく

愛しくて

提供: うたまっぷ