歌詞

口笛の港

氷川きよし

作詞
かず翼
作曲
大谷明裕

船の灯りが またたいて

呼んでいるよに 泣く霧笛

港裏町 日が暮れて

今日もさすらう 身が哀し

風に流れる 口笛を

ひとり聞く


思い出すのは ふるさとの

雨に咲いてた 紅い花

うるむ火影(ほかげ)に 背を向けて

そっとあの娘(こ)の 名を呼べば

節も懐かし 口笛が

胸に沁む


船の影さえ ぼんやりと

かすむ夜霧の 港町

早くお帰り カモメ鳥

明日(あす)はいずこか 誰が知ろ

風に千切れる 口笛の

淋しさよ

提供: うたまっぷ