歌詞

湘南ひき潮

森山良子

作詞
松本隆
作曲
弾厚作

湘南ひき潮 砂の中のサンダル

賑わった海の家を秋風が消して行く

君は水着をバスケットにしまって

灼けた肌袖にかくし街へ行くバスに乗る


8月の熱い砂が

冷えて行く秋に

色の褪せた愛を抱いて

君が振り向く

手紙書くわと頬をかたく凍らせ

一夏の想い出手に都会の少女になる


淋しさを走る風と

翳り行く陽射し

砂に残る靴の跡に

君が浮かぶよ

提供: うたまっぷ