歌詞

チェス

平山三紀

作詞
秋元康
作曲
井上ヨシマサ

初めて会った時は

ケンカをしたくせに

その次会った時は

何故か接吻(くちづけ)していた


AH-

まるで 何も気付かないうちに

あなたのペースになってた


出会いは いつも ただの偶然

でも そこから 先は作意的ね


恋は例えばチェスみたい

しゃれたゲーム

見えない糸で ハートのかけひき

恋は例えばチェスみたい

飽きないから

夜明けがくるまで


最後に会った時は

言葉を隠して

その次会った時は

2人 心を隠した


AH-

もしもっと素直になれたなら

恋人のままでいられた


別れはいつも考えすぎて

そして次の駒が動かせない


だけどもう1度チェスしたい

へたでもいい

負けないように 深読みしながら

だけどもう1度チェスしたい

懲りないのね

相手を探すわ


恋は例えばチェスみたい

しゃれたゲーム

見えない糸で ハートのかけひき

恋は例えばチェスみたい

飽きないから

夜明けがくるまで

提供: うたまっぷ