歌詞

けんかのあと

伊勢正三

作詞
伊勢正三
作曲
伊勢正三

けんかの後の

冷めたスープに

沈む涙のスパイス

ホロ苦さも忘れて

同じことくりかえす


男のエゴとプライドなんて

まるで脱ぎ忘れた靴

孤独な時初めて

鏡に写してみる


時計の針は小刻みに

まだ話しかけてくる

愛し合うこと望むなら

なぜ、ひきとめなかった


もどかしいくらい

エスカレーターの

人波にもまれながら

夕闇のホームまで

想い出が多すぎて


鳴り響くベルの中を

今、駆け登って行く

次々に流れる窓に

ふとさよならがよぎる


時が渦巻く都会に

今、何を求めるの

振り向けばそこに君が

手を差し伸べてるのに

提供: うたまっぷ