歌詞

横顔

aiko

作詞
AIKO
作曲
AIKO

眠っていた心の中に 些細な些細な小さな傷 いつの間に

その隙間から溢れて来るのは

あなたの名 優しく強い目 指 髪全てに気付かされる


出逢えたこと 話をしたこと

次は触れたいといつからか願ってた


起こされた想いは止まらないから躓いても

胸は風を切って 横顔に恋をした

あたしはとても切ない

あなたをとても愛しい


あの日偶然 助手席に乗った

特別に感じたシートの熱 右肩がくすぐったくて


待ちくたびれる 長い毎日

きっとあなたに逢っていないせいだな


辛い時があっても輝く術も知ってるはず

電話が鳴る度に横顔が浮かぶのは

やっぱり少し切ない

あなたをいつも愛しい


雨上がりに二人歩いた道 足音がいつもと違ってなんだか嬉しい


起こされた想いは止まらないから躓いても

胸は風を切って 横顔に恋をした

あたしはとても切ない

あなたをとても愛しい

提供: うたまっぷ