歌詞

Squall

小柳ゆき

作詞
小林和子
作曲
笹本安詞

AH-降り出した 夏の雨

見上げているこの空 濡れてもいい あざやかな色 つかみたい


心が 泣き出しそうな日は いつだって そばにいてくれたね

言葉より 信じられるそんな ぬくもりを ずっと抱きしめている


違う夢 追いかけてても

金色の 翼があれば すぐにつながるから


AH-かぎりなく 青い空

続いていたあの夏 そこからまだ 卒業なんかしない

毎日が やって来る

流れてゆくあの雲 スピード上げて 新しい風に 吹かれよう


無邪気に はしゃいでいたことで 知らぬ間に 誰を傷つけたの

この胸で 暖めてた想い まっすぐに 手紙に書いてみたよ


しあわせは かたちじゃなくて

大切と 言える言葉を 分け合えることだね


AH-降り出した 夏の雨

見上げているこの空 埋めるものを さがせないままいるの

微笑みに 慣れないで

歩いてゆく街角 はじめて今 あの日の君と向き合うよ


知らないこともまだ たくさんあるけど

自分らしくていいんだと 君の声が 遠くても聴こえてる


AH-かぎりなく 青い空

続いていたあの夏 そこからまだ 卒業なんかしない

毎日が やって来る

流れてゆくあの雲 スピード上げて 新しい風に 吹かれよう

提供: うたまっぷ