歌詞

その瞳はミステリアス

MOOMIN

作詞
Moomin
作曲
Moomin/Tanco

いくつも夜を重ね 気付けば複雑になって

お互い出会った頃は どんなだったっけ

初めて愛し合った日 夢のような一時

そのぬくもりにすっかり 虜になって


その想いは 今も何も変わりはしない

流れるまま 自ら魔法にかかって

乾いた空 一人君を想えば

胸の奥が 熱いよ


どんな時も 輝いて

僕にとって まるで太陽

二人いつも 見つめ合って

どこにいても 守りたいよ


薄暗い BAR の片隅 あれは二度目の出会い

運命感じたって 言ったって信じないね

グラス溶け出す氷 次第に近づく距離

確かめ合った恋 燃え尽きるまで


この想いは 誰にも負ける気がしない

言葉には できないくらいに

いい女 今夜なんて罪つくり

甘い視線が ずるいよ


その瞳はミステリアスで

どこまでも 吸いこまれそう

夢の中で 一つになって

力強く 抱きしめ合いたいよ


なんとなく気になって

さりげなく誘って

思ったより大胆で

深まる関係

提供: うたまっぷ