歌詞

ひょうすべ

陰陽座

作詞
瞬火
作曲
瞬火

善かれ悪しかれ 骰子は放られて

疎い頭で 蝶や花ではないなりに


当たり前の 言の葉を

目映い程 赫かす まほろば


(ひょうひょう)

百遍云っても 見るにゃ勝らぬ

何遍振っても 為るにゃ敵わぬ

ひょんな 拍子に

ひょっくり嗤えば

鶴も 釣られて 月に飛ぶ


敢えて敢えなく ふらり振られて

又のお越しを

今日を限りじゃあるまいに


取り留めない 言の葉を

有り得ぬ程 棚引かす まほろば


(ひょうひょう)

天辺盗っても 此にゃ勝らぬ

満遍売っても 其れにゃ敵わぬ

ひょんな 拍子に

ひょっくり嗤えば

亀も 駆られて 勝ち急ぐ


鮮やかな 紅の

其の 魂で 飛んで征け


(ひょうひょう)

百遍云っても 見るにゃ勝らぬ

何遍振っても 為るにゃ敵わぬ

どんな 堅磐も

にっこり嗤えるて


(ひょうひょう)

天辺盗っても 此にゃ勝らぬ

満遍売っても 其れにゃ敵わぬ

そんな莫迦なと

にんまり嗤えば

虎も ころりと 猫に成る

提供: うたまっぷ