歌詞

魔王

陰陽座

作詞
瞬火
作曲
瞬火

産まれ落ちた 鬼子は

遙か遠く 宙を睨める

有智に雑じる 邪道は

何故か惶懼 虚夢の如


栄え墾る 刻よ

萬壽を越えて

無期に 永らえ


剥がれ落ちた 箔沙

在るが儘に 子良をなぞる

無恥を詰る 霸道に

何時か参来 後楽の園


往き交う 雲よ

然らば 今 吼えて

唾棄に 諍え


深く 冥く 濁る

無彊の闇を

切り裂いて 躍れ

己の信義 辿りて


堅く 赤く 光る

究竟の濤を

振り放いて 興せ

行き着く前は 鬼か羅刹か


「現世に 生くること

泡沫の 如くなり

滅ぶこと 常なれば

事を成し 憂き世に花を」


大罪奴(罪) 傲然漢(傲)

憎悪喰らい(憎) 悪鬼羅漢(羅)

大英雄(雄) 豪胆漢(豪)

賛美の舞(舞)

第六天魔王 有りの紛い


栄え墾る 刻よ

萬壽を越えて

無期に 永らえ


深く 冥く 濁る

無彊の闇を

切り裂いて 跳れ

己の信義 辿りて


堅く 赤く 光る

究竟の濤を

振り放いて 興せ

還らぬ上は 鬼と成りて

提供: うたまっぷ