歌詞

人生(たび)の途中

小林旭

作詞
大津あきら
作曲
中崎英也

明日は何処か 北の草原

それとも南の空の下か

夢見るように 生きてるおれを

嘲笑(わら)うなら それもかまわないが

いつも 胸の荒野には 熱い風が舞うよ

遠い恋人の声が 俺をおいかけても

別れる町と出逢う町

まだきっと まだきっと 人生の途中


時には雨が煙る向うに

幾つもの笑顔 揺らめくけど

銀貨(コイン)ひとつで 風向き変わる

そんな俺だから さらば友よ

いつか 俺の背中にも 夢の虹が降るよ

通り過ぎた過去たちを 今は宝にして

別れる町と出逢う町

まだきっと まだきっと 人生の途中


別れる町と出逢う町

まだ俺は まだ俺は 人生の途中

提供: うたまっぷ