歌詞

悲しみの日曜日

野口五郎

作詞
橋本淳
作曲
筒美京平

悲しみの 日曜日が来た

午前二時の 孤独な二人

愛しては 何故いけないのか

ぼく達に 誰か教えて

許しあえる 友だちなのに

青春を わかちあえない


悲しみの 日曜日が来た

肩を抱いて 君を送ろう

愛しては 何故いけないのか

若すぎる ぼく達だけど

さよならの くちびる寄せて

明日へと 希望をかける


悲しみの 日曜日が来た

今は誰れも 信じたくない

バスを待つ ぼくの目の中を

夜が明けて 涙も乾く

許しあえる 友だちなのに

愛すれば 傷つく二人

提供: うたまっぷ