歌詞

Nostalgia

徳永英明

作詞
徳永英明
作曲
徳永英明

ねえ今何処を見てる?

たわいもない中傷に心痛めて

生きていくうえでルールがあるとすれば

それは何かを失いそれでも笑っていなきゃいけない


満員電車に揺られて明日を生きる事だけのために

働く働く

何かに取り付かれたように狂って狂って

そして自分は自分は・・・・・・


子供のころに見た夕日が今も

心の中で輝いている

胸に手をあて尋ねる場所に

きっと僕らへ答えが待ってる


目に見える物だけをきれいだと言う

金で買える物だけを贅沢だと言う

そして親のこと尊敬しない子供が生まれる

ぜんぶぜんぶ大人が僕らが悪いと思う


都会のネオンに魅せられて行き場を失うまでも騙され嘘をつかれ

遊んで遊んで

突然壊された夜に初めて初めて

気付いた自分に自分に・・・・・・


子供のころに見た夢の話

記憶の中で輝いている

胸に手をあて尋ねる場所に

きっと僕らへ答えが待ってる


子供のころに見た夕日の中で

僕らはいつも輝いていた

胸にてをあて尋ねる場所に

きっとみんなと同じ答えが待ってる

提供: うたまっぷ