歌詞

初夏

ふきのとう/さだまさし

作詞
山木康世
作曲
山木康世

噴水の前で 記念写真を

撮っているのは 新婚さんかな

ぼくは座って それを見ている

鳩はつついている とうきびの殻を


夏の初めの昼下がりは

とても馴じめず淋しくなる


時計台を見て たむろしている

大きなリュックの 黒いカニ族

ぼくは通り過ぎ 見ない振りして

道を聞かぬよう 声をかけぬよう


夏の初めの昼下がりは

とても馴じめず淋しくなる


地下街はいつも 都会の顔して

狸小路を 田舎扱い

ぼくは地下鉄の電車を待ってる

センチメンタルに 浸った振りして


夏の初めの昼下がりは

とても馴じめず淋しくなる


夏の初めの昼下がりは

とても馴じめず淋しくなる

提供: うたまっぷ