歌詞

mazohyst of decadence

Dir en grey

作詞
作曲

生み落とされる子供 罪の意識の無い大人 落とされ

名前も無い僕 何故ここにいるのかさえ 解らないけれど

たった数ヶ月の命とも知らず・・・・

僕は愛されたい 僕は生まれたい この母体の中見つめて

僕が意識を持った時から二ヶ月目何かが早いと感じた

まだ何も出来ない そのうちプラグが・・・・

不完全な僕は掻き落とされた痛みが体を突き抜ける

母の泣き叫ぶ声耳鳴りが止まない白衣の大人達僕を救い上げた

冷血に満ち溢れた瞳に血塗れの右手の無い僕が写る

そのまま黒いビニールに包まれた

だんだん意識が薄れる中僕は考える静かに

Cageの僕をこのまま愛せるならそれでいい 許せず

愛されない僕はこのまま死んだ方がいい

だから産声を上げず 静かに眠りましょう

一度だけ母の愛この手で感じてみたい

これが愛なのかもしれない ありがとう

二度と開かない扉 固く閉められていた

でもね僕はきっと未来の君だから

ラララ・・・・

体焼き尽くされ骨が無くなるまで焼き尽くす

さよなら

提供: うたまっぷ