歌詞

304号室、白死の桜

Dir en grey

作詞
作曲
Die

窓からいつもと変わらず 桜が風に

ゆらり ゆらり ゆらり ゆらりと舞う


意識が今日も薄れゆく

君は誰?何も想い出せない

僕の手を取り力強く

握ってる手に涙が零れ落ちたよ


止めどなく流れ出す瞳は何かを語っていた

君の香り何故か懐かしいような・・・・

この部屋できっと僕は一人で命無くすのだろう

誰も見つけることの出来ない花を・・・・


散り急ぐ花風に揺られて 白い病室風に吹かれて


傷みが日々を重ねる度

痩せゆく醜い体 抱き締めたね


最期になって一つ大切な人を想い出した

明日には灰になり砂に帰るよ

窓から見える桜 あの桜の下で眠りたい

暖かく包んだ 君の手の中で・・・・

304号室 静かに運ばれてゆく中で

二度と君を忘れぬように


これから僕は桜と共に風に揺られて君を想い出す


ゆらりと ゆらりと

ゆらりと ゆらりと

提供: うたまっぷ