歌詞

dawn

小池徹平

作詞
小池徹平
作曲
小池徹平

街灯りに少しだけ

嫌気がさす時もあるさ

満たされない何かが出口探してる


現実はいくつもの

選択を迫ってくるけれど

いつも迷ってばかりだね


ポケットわずかな

願いを詰め込んでも

すり切れてどうすることも出来なくて

振り返っては途方に暮れる


急に独りになりたくて

夜の高速ただ走ってみた

捨てられなかった思いさえ

今なら捨てられるさ

どうしようもない事なんて

ありはしないと言い聞かせてみた

切り裂く風の音だけが

窓から聞こえてくる


真夜中見知らぬ場所

高台の公園駐車場

冷たいアスファルトの上に寝ころんで


なんとなく濁ってるような

曇り空に見えたけれど

よく見りゃ全部星の海


時折流れる

星に願い聴かせて

そんなこと真面目にしてる自分が

なぜか急に可笑しくなって


僕の些細な現実も

時に引きずられる感情だって

どうでもいいような事のようで

ホントは意味があるんだ

傾いた三日月にも

輝く幾千の星にも

吸い込まれてしまいそうな

小さな僕の願い


もうすぐ夜が明ければ

淡い光に星溶けゆく

白く吐き出すため息も

霞んで消えてしまえ

凍えるような空気さえ

今はなぜか温もり感じて

自分の中で何かが

加速して変わってゆく


遠く東地平線

ピンポン球のような太陽が

少しずつ浮かんでくれば

世界が見えてくる

放射状に広がる

光の帯身体突き抜け

心からそう思えるんだ

世界は回り続ける

提供: うたまっぷ