歌詞

札幌処刑台

野狐禅

作詞
竹原ピストル
作曲
濱埜宏哉

叩きつけるだけ叩きつけて 後は机の上に放り投げたままの

ノードブック3冊分のかつての情熱共に 今日はやけに後ろめたさを覚えます

滲んでゆく視界に右腕をかじってみたのですが

なかなかどうして うまいこと奮い立ちません

夜明けとため息はとにかく相性が悪く

強烈な葛藤が大雑把な輪郭の薄い影を 一気に塗り潰してゆきます

そして僕は 肋骨の凹凸を指でなぞりながら

アルバイトを休む口実をあれこれ思案しているのです


心臓を鼓動させて 血液を循環させて そんでそれか一体どうした?

絶望を鼓動させて 激情を循環させてナンボの 人生ではなかったか?


てめえでてめえの首根っこひっ掴んで 13階段を引きずり上げていくような

馬鹿げた春夏秋冬のちょっど突き当たり

家賃3万8千円の札幌処刑台にぶら下がっている夢で首を括って

いっそ 生きてやろうと思った


歌声は飲み屋の姉ちゃんをひっかけてきた酔っ払いの胸を虚しくすり抜けて

見るも無残 週末のフォーク小屋の壁にぶち当たって木端微塵に砕け散るのです

滲んでゆく視界に頬を一発引っ叩いてみたのですが

なかなかどうして うまいこと奮い立ちません

ヤケ酒とため息はとにかく相性が悪く

強烈な葛藤が胡散臭いビルのエレベーターを一気に塗り潰してゆきます

そして僕は 夜明けの繁華街に何故かすっぴんの母ちゃんを連想しながら

このしょぼっくれた連日連夜を正当化するための口実をあれこれ思案しているのです


一丁前に飯を食らって 一丁前にクソを垂れて そんでそれが一体どうした?

絶望を喰らって 激情を吐き出してナンボの 人生ではなかったか?


てめえでてめえの首根っこひっ掴んで 13階段を引きずり上げていくような

馬鹿げた春夏秋冬のちょっど突き当たり

チケットノルマ無しの札幌処刑台にぶら下がっている夢で首を括って

いっそ 生きてやろうと思った

提供: うたまっぷ