歌詞

Guilty 1991 Re-mix Version

鈴木雅之

作詞
竹内まりや
作曲
山下達郎

暮れ始める 都会の色はいつも

孤独すぎて 君のぬくもりへと急がせる

はやる心を抑えて

回転ドアを くぐり抜ければ ほら

密かに持ってる 吐息が聞こえて来そうさ


LADY, 叶わぬ恋と知ってて

GUILTY, 逢わずにはいられない

狂おしく 抱いておくれ


言葉もなく 見つめる眼差しに

永くはない この愛の行方を探り合う

朝を待たずに出て行く

君をほんとは 少し恨んでるよ

急いでお帰り 誰にも知られないうちに


LADY, 小さな約束だけが

GUILTY, 二人危うくつなぐ

このままじゃ やりきれない


闇に響く靴音が

哀しいほどの 静けさ打ち破る

いつまで続くの 虚ろな夜の繰り返し


LADY, 鳴るはずのない電話に

GUILTY, 何故僕は怯えるの?


LADY, ほのかに残る香りに

GUILTY, 今日もまた眠れない

どこまでも 果てしなく 君は遠い・・・・・・


LADY, 叶わぬ恋と知ってて

GUILTY, 逢わずにはいられない


LADY, 小さな約束だけが

GUILTY, 二人危うくつなぐ

提供: うたまっぷ