歌詞

鈴木雅之

作詞
安藤秀樹
作曲
中崎英也

古い写真が色褪せて 本棚からこぼれ落ち

笑ってる君の顔も ふざけてるこの僕も

時々どこかへ消えてしまいそう

失いたくないもの


脱ぎ捨てた靴そろえながら 疲れた目でたどり着く

その寝顔 その背中をすれ違うたび傷つけて

君の飾った花が 夜明けの窓辺で

風に揺らされている


約束に縛られそうな気持ちは

いつでもそう伝えてほしい

同じ歩幅できっと歩いて行けるから


いい時ばかりじゃないのは分かってる

でも不安にならないで

転がっても 傷ついても

その手を離さない 離せない 離したくはないんだ


揺れる電車の窓に写る ビルの群れ遠ざかる

この街で安らげる場所は その瞳に映る時

空にこうしてずっと星があるように

君の傍で生きたい


悲しくてくずれそうになった時

いつでも寄りかかってほしい

同じ歩幅できっと歩いて行けるから


ふたりが見つめる夢だよ消せないよ

その想いなくさないで

転がっても 傷ついても

ふたりは離れない 離せない 離したくはないんだ


いい時ばかりじゃないのは分かってる

でも不安にならないで

転がっても 傷ついても

その手を離さない 離せない 離したくはないんだ


いい時ばかりじゃないのは分かってる

でも不安にならないで

転がっても 傷ついても

その手を離さない 離せない 離したくはないんだ

提供: うたまっぷ